童貞捨てるために自称ポッチャリの人妻と会ったら最高のセックスできちゃった出会い系体験談!

投稿日:

つい先月、コロナの緊急事態宣言明けですが、とうとう童貞を卒業することができました。

僕は25歳にも関わらず童貞だったので、とても引け目を感じていました。

とにかく童貞を卒業したい一心で、お相手の女性が合意してくれるなら誰でも良かったくらいです。

童貞を捨てるために出会い系サイトで自称ポッチャリのデブと直接会うことに!

勢いでPCMAXという出会い系サイトに登録して、「初めてのお相手を募集」といった内容で書き込みためにみたら、一人の女性から返信を頂くことができました。

その女性はセックスレスで性欲を持て余していた人妻の詩織さん28歳です。

「わたし、良く言えばポッチャリで、悪く言えばデブの女なんですけど大丈夫ですか…?」

というメッセージをもらいました。

正直なところ、童貞を卒業できるなら外見なんてどうでもいい!と思っていたので、気にせずデブを覚悟で詩織さんと会いました。

 

デブだと覚悟してたらグラマーなエロい人妻が来て即エッチ!

約束した当日、実際に会ってみると詩織さんは全然太ってなんかいませんでした。

少し肉付きはありましたが、若干ポッチャリしているだけで男からすると全く気にならない体型でした。

オッパイが大きくて、詩織さんご本人はそれが逆にコンプレックスだったみたいです。

ほどよく肉付きの良いエロティック全開の人妻で、どちらかと言えば僕の好みのタイプだったのでラッキーでした。

 

欲求不満なアラサー人妻とお風呂で洗いっこ!

待ち合わせ場所は僕と詩織さんの家の中間位にある駅ロータリー。

即エッチの約束だったので、僕の車に乗ってすぐにラブホテルに直行。

部屋に入ってソファに座り、少しだけ会話して緊張をほぐしてもらうことができた。

 

和やかなムードのなか、一緒にお風呂に入ることになりました。

大人になってから目の前で初めて女性の全裸姿を見た僕は興奮MAX。

詩織さんは泡立てたボディソープで僕の身体を隅々まで洗ってくれました。

 

そのあと、初めて触る女性の身体に緊張しながらも今度は僕が詩織さんの身体を綺麗にしてあげました。

もっちりとした人妻の肉体、スベスベした艶やかな肌、手の平で触れた詩織さんの乳首、まだ見たことのない女性器のヒダ、すべての触感に無我夢中でした。

お風呂のなかではエッチなことは一切しませんでしたが、僕のチンコはすでにギンギンで先端からはガマン汁が常に溢れている状態。

お風呂をあとにした僕らは手を繋いでベッドに行きました。

 

むっちり人妻の巨乳を思うがままに!

緊張でドギマギしている僕に、詩織さんがそっとキスをしてくれました。

続けて詩織さんに誘導されるがまま、僕は詩織さんの柔らかくて豊満なオッパイを手の平で包み込みました。

片手でははみ出てしまうほどの大きなオッパイの頭頂部にある乳首に、詩織さんの許可なく気が付けば口で吸い上げてしまいました。

詩織さんは乳首が敏感だったらしく、身体をビクッとさせて息を漏らしていました。

詩織さんの乳首を指でクリクリしたり、尖らせた唇でチュッと吸ったり、唇でハムハムしたり、アダルトビデオで見たことがある行為を思いつく限りやりました。

その度に、詩織さんは小さく「あっ、あっ…!」と感じてくれました。

 

人妻に誘導されながら童貞の僕が初めて見た女性器!

そして、僕は「どうしても女性のアソコをマジマジと見てみたい」と思いました。

詩織さんに仰向けに寝てもらって、僕は詩織さんの下半身へと体勢をかえました。

少し照れていた詩織さんの両足をゆっくりと広げてM字開脚の形に。

初めて見た女性のアソコを僕は数秒間凝視してしまいました。

 

「やさしく触ってね」と詩織さんが言いながら、詩織さんは二本の指でクパァと広げて見せてくれました。

「おちんちんはココに入れるんだからね」って、童貞の僕に授業をしているように優しく教えてくれました。

僕は一心不乱に顔を埋めて、限界の限り舌を突き出して、詩織さんのクリトリスから膣の中まで舐め回しました。

詩織さんのアソコを何分間舐めていたのかは記憶にありません。

 

しばらくしてから、詩織さんが僕の顔にそって手を当てて自分の方へと引き寄せました。

ふたたび僕らは唇を重ねて激しくディープキスをしました。

舌をお互いに絡ませ合って唾液を混ぜ合わせる感触は溶けるように気持ちが良くて、これが永遠に続けばいいと思いました。

 

次に、詩織さんが「口でしてあげる」と言い、僕のチンコを咥えてくれました。

ガッチガチになっていた僕のチンコを頬張りながら「すっごく大きいね、おちんちん」と、上目遣いで言ってくれました。

胸がキュンとして、とても嬉しかったです。

亀頭のカリ、裏筋、先っちょ、チンコのどの部分を舐められても初めての快感でした。

それだけではなく、金玉や前立腺の辺りまでピチャピチャと音を立てながら舐め尽くしててくれました。

 

欲求不満なポッチャリ人妻とセフレになれるようにクンニで尽くす!

そして、いよいよ人生で初めて女体と合体することに。

69の体勢から詩織さんは身体を起こして、コンドームを付けないまま騎乗位で挿入。

チンコに圧迫感はありましたが、これが入っているという状態なのか?と困惑していた僕はよく覚えていません。

艶めかしく腰を動かして喘いでいる詩織さんを下から見上げて、なんて美しいんだと思ったのは記憶しています。

 

それから、バック・正常位と体位を変えて、腰の動かし方などを教えてもらいながら楽しませてもらいました。

夢中に腰を動かして、たまに詩織さんの顔をみて感じてくれているか確認して、気が付けば僕はイキそうになっていました。

イキそうだと告げると詩織さんは口に出してと言ってきました。

 

タイミングを見計らって詩織さんからチンコを抜き、すぐに詩織さんの口元へ。

詩織さんは下から首を持ち上げてイキそうなチンコを口でしごいてくれました。

僕は詩織さんの口の中に溢れんばかりの精子を発射しました。

 

口内にいっぱいの精子をティッシュに吐いた詩織さんは、ニコッと笑いながら「いっぱい出したね」って優しく言ってくれました。

とうとう僕は童貞を卒業することができました。

詩織さんのおかげで、ずっと抱いていたコンプレックスを解消することができました。

 

人妻とお風呂で立ちバック!童貞だった僕には難しかった

それから、二人で談笑しながらシャワーを浴びてたら、また僕のチンコが大きくなってしまいました。

「若いから元気ね」って詩織さんが言うと、今度はお風呂の中で2回目をしちゃいました。

お風呂場での立ちバックは経験不足な僕には少し難しかったです。

 

詩織さんは僕のテクニックを褒めてくれました。

初めての経験だったのに、年上の魅力的な人妻に嘘でも褒めてもらえて嬉しかったです。

 

アラサー人妻とLINE交換!性欲を満たしあうセフレ関係に!

ホテルをあとにした僕たちは、待ち合わせ場所だった駅のロータリーでお別れしました。

詩織さんはとても優しい大人の女性で、詩織さんを欲求不満にさせているご主人はバカな人だな~と思います。

僕の童貞を奪ってくれたのが詩織さんで本当に良かったです。

 

LINEを交換したので、今後も定期的に詩織さんとエッチができるようにアプローチしたいと思ってます。

詩織さんを中イキさせてあげられるくらいの立派な男を目指します!

 

出会い系サイトで都合のいい肉体関係・セフレが作れるのはウソじゃない!

出会い系サイトPCMAXでセフレや婚外恋愛を

紹介した内容は出会い系サイトで実際にあった体験談です

数多くある出会い系のなかでも、経験上PCMAXは他のマッチングアプリに比べると明らかに出会える確率が高いです。

なぜなら、女性の方もあなたと同様に都合のいい肉体関係を求めている人が多いから。

自分の目的に合ったアプリを使っていないと一生上手くいかないので、気軽な出会いとセックスを求めているならPCMAXがマジでガチです!

出会い系サイトPCMAXでセフレや婚外恋愛を

-出会い系体験談
-, , , , ,

Copyright© 出会い系の実話体験談!エロッピュ , 2021 All Rights Reserved.